なにげない日常から感じる「夫婦」になったという実感こそが大切

二人での生活が始まるので、やはり「感謝」の言葉は常に忘れずにかけることだと思います。
当たり前のことだと思いますが、案外忘れがちになっている気がします。
買い物で荷物をもってくれた時、車を運転してくれた時、料理を手伝ってくれた時・・・。

いままで一人でもできるようなことを、
相手がいるから買い物が少し楽になった、相手がいるから自分でも運転できるのにしてくれた、
料理だってご飯をよそうぐらい別に自分でできるのにしてくれた・・・。と
少し考え方を変えるだけで、ふと「感謝」の気持ちが湧き上がってきます。

相手が毎日いるから「嬉しい」という気持ちを忘れないで、労ることが大事かなと思います。

一緒に生活するからこそ、「一緒の行動」をなるべく多くすることも大事かなと思います。
相手の仕事の内容はわからないし、理解もできません。
しかし、家庭のことは少しは理解もできるし、一緒に行動がとれます。

買い物でもいいです。
一緒にショッピングセンターにいくのでもいいのですし、それにより会話が生まれます。
「ここのたまご安いね」とか、結婚する前ならあまり出てこなかった、生活感のある言葉を出てくるかと思います。

それにより、二人の金銭感覚も自然と見えてくると思います。
付き合っていた時のデートの感覚は忘れないで、手を繋いで歩くのもいいと思います。
相手の仕事が遅くなるときもあります。その時もなるべくご飯を一緒にたべた方がいいと思います。
先に食べてしまったとしても、隣に座ってお茶を飲むだけでもいいと思います。
そうすると自然と会話が生まれますし、「二人で生活しているんだな」と実感することができると思います。
互いに、「夫婦になったんだな」ということを、日常の生活から見つけ出すことが大切かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です